木版画をつくろう
 
1 下絵を描こう
 自分の表したい様子を下絵に描きます。版画になったときの美しさを考え、彫るところと残すところ(白と黒)の割合を半分ずつぐらいになるようにします。
 
2 カーボン紙などで版木に写そう
 下絵ができあがったら、カーボン紙などを使って、版木に写そう。
版画にすると、左右が逆になるので、文字などがある場合にはとくに気を付けよう。
 
3 彫刻刀の種類を使い分け、彫りによる効果を考えながら彫ろう
 彫刻刀には主に丸刀・三角刀・平刀・切り出し刀があります。
そろぞれの彫刻刀による彫りあとの違いを生かしながら彫り進めていこう。
 
彫刻刀の持ち方と彫り方は・・・・動画
・鉛筆持ちで             
・左手は版を押さえるか、彫刻刀にそえて
・カーブは版を回しながら       
 
 
 
 
丸刀で彫る・・・・動画
 
丸刀で短く彫る・・・動画
 
 
三角刀で彫る・・・動画
三角刀で長く線彫りする・・・動画
 
 
平刀で彫る・・・動画
刃の表裏に注意
 
 
 
 
やっと版の完成です。
 
 
4 刷ろう
全体の白黒のバランスを確かめたら、いよいよ刷りです。
・インクをむらなく伸ばそう。
・版にむらなく伸ばし広げよう。
・紙をそっと置き、中央からバレンで軽く渦を書くように押さえていきます。
 ・紙がずれなくなったら、力を入れてこすっていきます。端までしっかりとこすりましょう。
動画
 
 
5 ゆっくりはがせば、できあがり
 白黒の割合はどうですか。インクの濃さはいいですか。美しく刷り上がるまで何度も挑戦しよう!
 
 
いろいろな彫りの効果を生かした作品です。
どこが参考になるかな?みつけよう!