雲の写真集



巻雲・絹雲 箒(ほうき)ではいたような雲です。すじ雲・きぬ雲とも言います。まっすぐなすじの時はもうすぐ雨が降るという知らせで、曲がったりみだれていたりする時は、明日も晴れることが多いようです。 巻雲・絹雲 箒(ほうき)ではいたような雲です。すじ雲・きぬ雲とも言います。まっすぐなすじの時はもうすぐ雨が降るという知らせで、曲がったりみだれていたりする時は、明日も晴れることが多いようです。
高積雲 混沌として、重苦しく、よどんだような感じの雲です。高さは中層です。 層積雲 大きな雲のかたまりが畑のうねのようにならんだり、波のようにうかんだりしている雲です。雨や雪が降ることがあります。積雲(わたぐも)と層雲(きり雲)の合いの子のような雲です。
層積雲 高さがもっとも低く、地面から2000mくらいまでです。雨や雪を降らせることがあります。 乱層雲 雲の中で一番厚く、非常に低い雲です。雨や雪を降らせます。
乱層雲 雲の中で一番厚く、非常に低い雲です。雨や雪を降らせます。 乱層雲 雲の中で一番厚く、非常に低い雲です。雨や雪を降らせます。
積雲 雲の底が水平で上方に発達します。雲の上はもくもくしています。 積雲 雲の底が水平で上方に発達します。雲の上はもくもくしています。
積雲 雲の底が水平で上方に発達します。雲の上はもくもくしています。 雄大積雲 積雲が発達したもので、夏に多く見られます。これがさらに発達すると積乱雲になります。
雄大積雲 積雲が発達したもので、夏に多く見られます。これがさらに発達すると積乱雲になります。 雄大積雲 積雲が発達したもので、夏に多く見られます。これがさらに発達すると積乱雲になります。
雄大積雲 積雲が発達したもので、夏に多く見られます。これがさらに発達すると積乱雲になります。 雄大積雲 積雲が発達したもので、夏に多く見られます。これがさらに発達すると積乱雲になります。
雄大積雲 積雲が発達したもので、夏に多く見られます。これがさらに発達すると積乱雲になります。 積乱雲 雲の上と底がほとんど水平です。カナトコ雲とも言います。積雲が成長したもので、雲の下でははげしい雨や雷です。ようするに雷雲です。入道雲(にゅうどうぐも)は、雄大積雲(ゆうだいせきうん)といって、上が平らではありません。


本コンテンツの閲覧は自由ですが、すべての写真・画像・文章等の無断使用・無断転載・無断配布を禁止します。

制作:大垣市教育研究所

ひゃっかじてん(公開用)へ

大垣市教育情報ネットワークシステム(OPEN)へ

大垣市教育総合研究所へ